ゴミ屋敷で清掃スタッフが高い頻度で目にする大量の現金 | 特殊清掃ネクスト【事件現場特殊清掃センター認定】365日即対応
特殊清掃ネクスト -東京・神奈川・埼玉・千葉の全域対応

ゴミ屋敷で清掃スタッフが高い頻度で目にする大量の現金

2017年9月8日

ゴミ屋敷で清掃スタッフが高い頻度で目にする大量の現金
ゴミ屋敷に何が放置されているか、それは住む人の個性によって違いがあります。 衣類が積み上げてある場合もあれば、雑誌が散乱している場合もあり、食べ残しなどのゴミが放置されている場合もあります。まだ使えると思って拾ってきた家電製品を溜め込む人もいます。 ゴミ屋敷にあるモノは千差万別! でも、そんななかで各現場に不思議な共通点を見つけることもあります。言わばゴミ屋敷の“あるある!”なのですが、まず実によくある「お金見つけました」についてお話ししましょう。

清掃作業中に現金発見の“あるある!”

あるある! 清掃スタッフが作業中に現金を見つけてしまうこと! 業界ではよくある話です。 普通の人は現金をどう管理しているかというと、 「銀行に預金しておく」 「家のどこか決まった場所に保管しておく」 「財布に入れて持ち歩く」 というのがお決まりだと思います。 しかし、ゴミ屋敷をつくる人に常識は通用しません。 いや、責めているわけではなく、それなりの個性や事情があるということです。 ゴミ屋敷の思わぬところからお金が出てくる。 けっして都市伝説ではありません。清掃スタッフにとっては日常茶飯事なのです。

よく現金が見つかる場所

ベテラン清掃スタッフの声を参考にすると、現金がよく見つかる場所は、次のようなところです。 ・スーパーやコンビニの袋の中 スーパーマーケットやコンビニエンスストアで買物をしたときに、もらったお釣りを商品と一緒に袋に放り込み、家に帰ってからもそのままにしてしまうケースです。やがて袋はゴミと一緒に埋もれてしまいます。 ・本や雑誌の間 あとで財布に仕舞おうとして何気なく本や雑誌の間にはさみ、そのまま忘れてしまうというパターンだと思われます。お札は見えない場所に置くと忘れがちです。 ・積み上げられたゴミの隙間 お金をゴミの一番上に置いておけば目立つので安心だと思うのでしょうが、よく見ずにさらに上にゴミを積んでしまい、お金が隙間に消えてしまうパターンです。 ・冷蔵庫の中 大事なお金を見つかりにくいところに隠すような感じで、冷蔵庫に仕舞う人もいるようです。ゴミ屋敷の冷蔵庫は、やはり古い商品が詰め込まれていることが多く、せっかく仕舞った現金もそのなかに埋もれてしまうようです。 ・カップラーメンの容器の中 食べ終わった容器にとりあえず手元のお金を入れたのでしょうか。カップラーメンの器にお金が入っていたという話があります。その時々で、目の前にある容器につい入れてしまうのかもしれません。こういうことがあると、ゴミを捨てる時には要注意ですね。

現金の金額と行方

ゴミ屋敷に埋没している現金の金額はいくらくらいか、誰しも気になるところです。しかし、その答えは一概には言えません。お金に対して執着のある人もいれば、あまり意識していない人もいるからです。 スーパーやコンビニで買い物をして、お釣りを商品と一緒に袋に入れてしまうような大雑把な人は、そういう行動を無意識に繰り返してしまいがちです。そうなると、ゴミ屋敷からは白い袋に入った小銭がチャラチャラと出てくることになります。 仮に300円入った袋が1か月に10袋あったとすると3,000円。1年で36,000円になります。なんだか積み立て預金みたいな感じですね。 小銭でそんな具合ですからお札が埋没していたら、結構な金額になります。業界で聞いた話によると、千円札や一万円札がいろいろなところから出てきて、合計200万円くらいになった例もあるとか。片付け代金をはるかに超える金額です。 そして高齢者がつくったゴミ屋敷になると、もっと大金が出てくる可能性があります。100万円の札束が本の間にはさんであったとか、カバンに入った1千万円が見つかったとか、そうした話題も耳にします。 ゴミ屋敷の住人は貧しくてお金に困っていると思われがちですが、実はそうとも限りません。ゴミ屋敷の片付けをプロに依頼するには、それなりの費用が掛かります。その金額を払えるわけですから、お金には特に不自由していないと考えられるのではないでしょうか。それゆえお金を埋没させてしまうのかもしれません。 ゴミ屋敷から発見される金額はピンからキリまでということになりますが、多くても少なくてもお金はお金です。持ち主またはご家族にきちんと返さなければなりません。見つかったお金の行方はおおむね以下のようになります。 ・住人の確認を得てから返却する ・住人の確認を得てから銀行に預金する ・住人が亡くなっている場合は遺族に引き渡す ・住人が失踪している場合は依頼者に預ける 悪質な業者だと、出てきた現金をそのまま自分のポケットマネーにしてしまう例もあるようです。私たちネクストの清掃スタッフは「お客様第一」の厳しい教育を受けており、そういう窃盗行為は絶対に致しません。ゴミ屋敷に埋没していたお金は、返すべきところに返します。想定外のお金が戻ってくることで、住人の方々にはたいへん喜んでいただいております。

お電話にて概算見積をお伝えすることも可能です。

24時間以内にご返信いたします!