特殊清掃ネクスト -東京・神奈川・埼玉・千葉・関西地方

警察の許可・ご近所様への配慮について

警察へ連絡

室内で遺体を発見した後は、すぐに警察へ連絡いたしますが、自然死である孤立死なのか?自殺や他殺なのか?事件性の疑いが無いと判断されるまで警察から入室の許可がおりません。もちろん入室許可が認められない時でも私どもネクストへお問い合わせおよびご相談ください。早めにご連絡いただければ、警察から入室許可が認められた時点ですぐに無料お見積り出来るよう段取りさせていただきます。

特殊清掃会社へ連絡

警察は事件性の疑いが無いと判断されましたら、通常はすぐに遺体のあった現場の入室が認められます。この際「推定ですが、死後何日で発見されました。」ご遺体発見箇所・死因等などのご報告があると思います。突然の不幸でご遺族様によってお辛い気持ちではありますが、死因や死後何日経過していると推定されるかなどお伺いし、現場の状況を予測します。そこで無料お見積りに伺わせていただく日時、必要と思われる作業内容、作業にかかる日数、費用などを大まかにお話しすることが出来ます。

IMG_0474-1

そしてご近所から異臭についてクレームが来ている例も少なくありません。この場合は無料お見積りに行く際、消臭機を持参することも可能です。また室内はウジやハエが大量発生することも多く、玄関回りなどは外に害虫が出ないように、養生テープにて目張りさせていただくことも可能です。更にマンション等では管理人さんへ弊社スタッフが作業にあたりご挨拶させていただきます。

特殊清掃人として、作業中は常に以下の配慮を考える必要性もございます。

  • 1.不快な臭いを広げてしまわない配慮が必要です。

    作業する室内および室内の物から悪臭が広がってしまうかもしれないという考えを抱いて、作業を組み立てる必要性があります。例えば、マンションやアパートの場合、現場の悪臭を「共用スペース」に持ち出さない配慮が必要です。最低限、エレベーターや通路などに養生を行い、臭いが施設につかないような配慮を行う必要性がございます。


  • 2.作業が生活の邪魔にならない配慮が必要です。

    作業の中で部屋の物品(細菌がついている物)を外へ搬出しなければなりませんが、マンションやアパートにおいて、一旦共用スペースに置かせていただくことも必要になるでしょう。その際、何の配慮も無く共用スペースに置いてしまうと、悪臭を広げる原因ともなります。また、何も知らずに近所の子供たちが、物品に触れて、何らかの疾患、感染症を患ったとなれば問題が大きく広げてしまう結果になります。そのため「周囲への配慮」として配慮すべき点が様々あります。


  • 3.薬品が近隣の住宅に影響を与えない配慮が必要です。

    消臭のためと壁紙へ薬品を散布した際、あまりに薄い壁である場合には、隣の家の壁紙にも侵食し、臭いなども近隣へ広げるきっかけとなります。
    さらに、ご依頼者様が現場で、その後も生活なされるということであれば、身の回りでご活用されている家具にも、濃度が濃い薬品を家具に撒いてしまうと、脱色や変色等が起こる原因になるため、使う薬品の注意事項をよく熟読されて、利用されることが大切です。


  • 4.後片付けの段階で「見落とし・やり直し」がないか

    最後の作業で「見落とし・やり直し」がないかの確認があります。「臭いの付いた物を忘れてきてしまった。置いてきてしまった。」などが発生しては、そこで生活をされる方にご迷惑をかけることにもなりかねません。見落とししていることがないかどうかは、十分確認した上で、現場を離れるようにすることが「周囲への配慮」として大変重要です。


お電話にて概算見積をお伝えすることも可能です。

24時間以内にご返信いたします!