特殊清掃ネクスト -東京・神奈川・埼玉・千葉・関西地方

部屋の扉が空かない特殊清掃。

2017年9月26日

平成29年7月4日作業 担当:藤井 特殊清掃・遺品整理。現場 新宿区 内容:特殊清掃・遺品整理・貴重品検索 間取り:1K マンション6Fで、2tトラック4台、2日作業、延べ12名で、作業料金は、590,000万円です。

先日、ご依頼者様より、特殊清掃・遺品整理のお問合せ、お見積もりのご依頼をいただきました。

ご依頼者様は、遠方から来られてるそうで、私は、現地お見積もりを、敏速にご対応させていただきました。
東京都新宿区の繁華街の、1Kのマンションの一室の入り口付近での特殊清掃で、
まず初めに、現地でびっくりしたのは、部屋の中への入り口が4、50センチくらいの四角い窓、
窓と言いましても、警察の方が安否確認のため、部屋の入り口の、鉄製の扉を逆コの字に切った窓のみでした。
私も、何件もの特殊清掃現場を作業してまいりましたが、さすがにこの窓のが、入り口になってるケースは、初めてです。
なぜ、扉が空かないかと申しますと、扉の向こう側には、長年蓄積された家財が、内側に開くドアの玄関口まで、いっぱいになってるからです。

どのような状況から、部屋の中に侵入したのか分かる動画になっております。
小さな入り口からの侵入

故人様は、空かない扉のすぐ裏側、玄関口で孤独死されてたようで、警察がご遺体を搬出するときに、搬出の邪魔になるご遺体の周りの不用品等を、
袋詰めしたものが私の前を遮っておりましたので、それをかき分け、奥の部屋へと入っていきました。
玄関口から部屋に繋がる通路には、2本のメタルラックがあり、それをよじ登り、奥の部屋は、私がかがむくらいの高さまでの遺品でいっぱいでした。

やっと扉が開きました。

部屋の中でのお見積もりが終わり、扉の外に出た後に、ご依頼者様とお話をさせていただく中で、ご依頼者様の作業に対しての希望は、すべての家財の搬出・除菌清掃・貴重品(現金・アクセサリー・通帳・印鑑・故人様がコレクションしてました時計)の検索作業でした。
ご依頼者様のご希望を伺ったうえで、弊社の遺品整理作業の内容、特殊清掃・除菌消臭の作業工程とお見積金額をご提案させていただきました。
ご依頼者様も、弊社の遺品整理作業・特殊清掃・消臭作業・作業金額をご理解いただき、弊社へ受注させていただきました。
今回、遠方から来られてますので、作業日の当日のお立合いはできませんとのことでしたので、ご依頼者様・マンションの管理人様と遺品整理・特殊清掃・家財搬出に関しまして、
ご相談させていただき、作業日を決めさせていただきました。
管理人様には、新宿区の繁華街のど真ん中にも関わらず、トラックの駐車スペース、作業、搬出に関しまして、とてもよくご協力いただけたので、
問題無くスムーズに、作業を進めることができました。

ベランダからの状況

徐々に家財が片付けられていきます。

もう少しです。

全ての遺品が搬出できました。

作業は、3日に分けての作業となり、1日目は、空かない玄関の家財搬出と、簡易特殊清掃、2日目は、すべての家財の分別搬出作業、3日目は、部屋の中の除菌清掃クリーニング作業となりました。

お電話にて概算見積をお伝えすることも可能です。

24時間以内にご返信いたします!